為替とは?

今日の日本では、預貯金をしても利息は増えず、頼みの綱だった年金も必要分さえ受け取ることが出来ない。さらには、増税や保険料の値上げなどにより、ますます日常生活を送るのが困難になってきています。

バブルの時代には「財テク」という言葉で“いかに財産を増やせるか”ということが競われていましたが、今日の日本では、「財テク」ではなく「資産運用」という“いかに資産を守り、安定した生活を送ることができるか”が重要になっています。

「資産運用」という言葉が出てくる時、投資信託を始めとする「投資」や「外貨貯金」がよく話題になります。この投資や外貨貯金に関連して「外国為替」という言葉も、よく耳にしますが、そもそも「為替」というのは、いったいどんなものなんでしょうか?

為替について「ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典」では下記のように説明されています。
『為替(かわせ)とは、手形や小切手、郵便為替、銀行振込などによって金銭を決済する方法である。遠隔地への送金手段として、現金を直接送付する場合のリスクを避けるために用いられる。特に輸出入をする際に用いられている。
日本では江戸時代の大坂を中心に為替(手形)による取引が発達して、当時の世界ではもっとも優れた送金システムを築き上げた。』
『為替』(最終更新 2007年5月8日 (火) 13:20)より

このように、為替とは金銭の代替品なわけですが、この為替を集中的に管理をして取引を行う場所を市場と呼び、この市場で取引される為替は、その取引量によって値段が変動されます。

値段の変動には実に多くの要因が係わってきますが、突き詰めて言うと“需要と供給のバランス”によって値段が変動します。つまり、需要が多く供給が少ない場合には値段が上がり、その逆の場合には値段が下がるということになります。

このように、為替の値段が変動することを利用して利益を生み出すのが「財テク」や「資産運用」になり、逆に言うと「資産運用」に最適な手段の一つとして「為替取引(為替の売買)」があるということが言えます。

Yahoo!News